車の買い取りが増えているのは

  • 投稿日:
  • by

どこへ行っても、最近『自動車現金買取』の看板を見かけるようになって、自動車の買い取りが当たり前の市民権を得てきています。

自動車現金買取と言いますと、何か不要で使わなくなった自動車を買い取ってもらうように思いがちですが、今やそうではなくなっています。

それではいったいと思いますが、自分の大切に使ってきた愛車を新しく取り換えようとしたときに、本来なら変えようと思う自動車を販売している販売店に下取りとして出すのが普通でした。
それが、最近は下取りとして出さずに買い取りの専業店に持ち込んで買い取ってもらう新しい自動車流通の流れが出来てきています。
こちらも同時に読み進めるといいでしょう。
>>セレナ 買取
>>クラウン 買取

では、どうしてこのような流れが多くなってきているのでしょうか。
確かに、購入をしようとしているお店に下取りに出した方が簡単なのに、わざわざ面倒な他に持ち込むのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、同じ自動車なのに下取りに出すより買い取りに出した方が高価な価格が付くことが多いという事ではないでしょうか。
これは、全部がそうでは無く、もちろん下取りに出した方が高価な場合もたくさんあるのですが新しい流れの1つになっているのも事実です。
それでは、下取りと買い取りの違いは何なのでしょうか。

それは、簡単に言ってしまえばその後の流れなのですが、下取りはほとんどその販売店で再販されることが多いのに対して、買い取りは自動車のオートオークションに即出品して現金化してしまう違いが有ります。

販売店が主に、日本自動車査定協会などの査定基準を活用しているのに対して、買い取り店最新の自動車オートオークションの落札価格を参考にしているので、人気、需要の判断で高価になる事が多い為なのです。

自分の大切に使用してきた愛車の代替え時、評価の高い方に出した方がお得なので、販売店の下取りと買い取り店の買い取り価格を競合させてみるのも、最近の有りな事なのかもしれませんね。